ホーム>ごあいさつ

ごあいさつ

ごあいさつ

 妊婦と旦那

 
 近年の出生率の低下や高齢妊婦特にに生殖補助医療の普及による高齢妊娠の増加傾向に伴い、出生前染色体検査や着床前診断への関心と期待が高まってまいりました。
一方、分子遺伝学の目覚ましい発展とともに臨床遺伝学も新しい展開を遂げています。名古屋市立大学病院産科外来でもこのような動向に対処し、広く国民のニーズに応えるべく努力してまいりましたが、担当者の大学退職のため皆様のご期待に十分に沿えない状況となってしまいました。そこで、この度、名古屋医工連携インキュベータの支援のもとに「胎児生命科学センター」を開設することと致しました。

 しかし、出生前染色体検査を含む出生前診断や着床前診断は胎児生命を尊重することなど多くの倫理的問題を含み、軽々しく行われてはいけない医療であり、また、その結果により胎児生命が左右される重大性を孕んでいます。
私どもはこの点に配慮し、各産婦人科医師、臨床検査技師、細胞遺伝学者らが各々の分野に責任を持ち情報を共有しながら、正確で問題の起こらない検査・診断を目標としております。
染色体検査、遺伝子検査の倫理的、社会的問題、及び遺伝学的フォローアップの重要性に鑑み、当センターでは日本人類遺伝学会及び日本遺伝カウンセリング学会により認定された臨床遺伝専門医がすべての面で統括した体制で進める所存です。

 また、DNAプローブを用いた蛍光 in situ hybridization(FISH)や CGH micro-arrayなど最先端の検査技術を駆使し、他の施設よりも迅速で、かつ正確な報告をお約束致します。

 社員一同、お母様方と諸先生のご要望にお応えすべく新しい技術の開発にも積極的に取り組んでいく所存です。宜しくご支援のほどお願い申し上げます。

 

(有)胎児生命科学センター
Fetal Life Science Center



代表取締役社長
鈴森 薫 (名古屋市立大学名誉教授、日本産科婦人科学会専門医、臨床遺伝専門医・同指導医)
   
取締役副社長
孫田 信一 (臨床細胞遺伝学認定士・同指導士、理学博士)

ページ上部へ